コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

◆ジャーマンアイリス

c0055556_10444910.jpg

この花、多分ジャーマンアイリスだと思うが、ハナショウブ真っ盛りの季節に堂々と咲いていた。通常の土で栽培できる割には、余り見かけないのはどうしてだろう。栽培が難しいのかなあ。
# by akojy9 | 2010-06-13 10:48

◆アジサイ

c0055556_1030059.jpg

このアジサイは何処よりも早くツボミを開く。微妙な色のハーモニーが周囲から際立って見える。もう枯れる時価が来ているが、人の手が入るようになって、これまでよりも長持ちしているのが嬉しいね。
# by akojy9 | 2010-06-10 10:33

◆ツキミソウ

c0055556_13544628.jpg

正式には「昼咲き月見草」というようだが、昼咲きも乙なもんだ。初夏の光りを目一杯浴びて、輝くように咲いている姿が壮観だ。けっこうおしゃれな花で色々意匠を凝らしているのが楽しい。
# by akojy9 | 2010-06-09 14:00

◆ヤマボウシ

c0055556_10393652.jpg

この時期、町を歩いていて、遠くの方で目の高さより上の方に白い物がちらついたとすれば、それは間違いなくヤマボウシである。以前、都会では山法師は少数派だったけど、いまじゃ何処でも見かけるようになった。アジサイ同様花に見えるのは萼で、花はつまらない。
# by akojy9 | 2010-06-07 10:46

◆サルビア

c0055556_22243699.jpg

コジゼラとダブってしまったが、このサルビア、余りにも綺麗だった。インターネットで名前を懸命に探した挙句、やっと見つけた、東北の某私立大学の掲示板で、教えて頂いたものだけに感動も新たである。正式名は「サルビア・ミクロフィラ・ホットリップス」だそうで、簡単にいえば「熱きくちびる」ということになる。
# by akojy9 | 2010-06-05 22:37

◆バイカウツギ

c0055556_14445750.jpg

比較的地味目なウツギの中では、まさに女王的存在である。まず花が大きいし、見た目も派手だ。梅花と名付けられたように、評価も高いようだ。5月の掉尾を飾る華やかな存在だ。
# by akojy9 | 2010-06-04 14:49

◆カシワバアジサイ

c0055556_1933811.jpg

アジサイの仲間としては後発組だが、長い期間にわたって楽しませてくれる逸物だ。まず、円錐形の姿を覆いつくすように、二重構造の萼が咲き誇る。次いで本来の花がツボミを開き、枯れてからも味のある姿に変身する。緑がかった微妙な色も魅力があるね。
# by akojy9 | 2010-06-01 19:39

◆ハコネウツギ

c0055556_9371976.jpg

5月を卯月と呼ぶが、卯の花つまりウツギが咲き誇る季節である。とても地味目だが、種類は多く、この花はハコネウツギという。ハコネウツギの特色はまず白い花が咲き、成熟するとピンクにかわり、枯れる時期に赤く変色するという3変化が特徴である。
# by akojy9 | 2010-05-29 09:42

◆シャリンバイ

c0055556_204454100.jpg

この時期、道端にそっと咲いているのがシャリンバイ(車輪梅)。花の形が車輪に似ているということらしいけど、ちょっと可哀相な命名だよなあ。この梅雨前の季節に梅とはしゃれているじゃあないか。よく見ればけっこう可愛らし花だと思うよ。
# by akojy9 | 2010-05-27 20:50

◆カルミア

c0055556_1338775.jpg

おしゃれな花、カルミアが咲き出した。この花は花そのものも優雅だけど、なんといっても咲き始めの頃がいい。
コンペイトウを思わす花のつぼみが林立する様がなんとも華やかでかつ優雅である。
# by akojy9 | 2010-05-24 13:42