コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

◆カリン

c0055556_10205235.jpg

花梨と書いてカリンと読む。
森鴎外(林太郎)先生でも読めなかっただろうね。
自己規制というか、節度ある花を凛として咲かせる。
微妙な色合いのピンクの花弁が好みだ。
by akojy9 | 2008-04-16 10:25

◆ゲンペイモモ

c0055556_14561210.jpg

サクラに負けず劣らず、華やかなのは源平モモだねえ。サクラに堂々と真っ向勝負を挑み、ちっとも負けていない。紅白歌合戦だとか、アカ勝て、シロ勝て・運動会などの紅白対比を、源平になぞらえるなんて、粋な計らいだねえ。
by akojy9 | 2008-04-14 15:02

◆ハナカイドウ

c0055556_1023355.jpg

サクラが満開のシーズンとなって、ほかの花も出番であるのに、ついつい見逃されてしまう。ハナカイドウもその一つで、道端にひっそりと奥床しく咲いている。近づいて見れば、サクラに劣らぬ美形、そのあでやかさも決して劣るものではない。鮮やかな葉のグリーンも中々よい。
by akojy9 | 2008-04-13 10:30

◆アマヤドリ

c0055556_2155633.jpg

ヤエザクラの先陣を切ったのが「アマヤドリ」である。花は純白の大輪八重で、花弁の数は15枚程度だが、純白の八重は少ないので、探しやすいかも。新宿御苑で見られる「白妙」と花の大きさに若干違いがあるが、同一品種とされている。
by akojy9 | 2008-04-11 22:02

◆アマギヨシノ

c0055556_1152214.jpg

アマギヨシノは東京では珍しいサクラだ。ソメイヨシノより遅れて咲き、花も大きい。その大きな花を枝も垂れんばかりに咲く姿は、雄大かつ華やかである。花芯の赤くなっている花が多いのは、そろそろ旬を過ぎる知らせだろう。
by akojy9 | 2008-04-10 01:22

◆ヤマザクラ

c0055556_23243466.jpg

新聞によると、奈良吉野山のヤマザクラが七分咲きとなり、山全体がピンクに染まっているという。昨日に続くヤマザクラだが、開花はソメイヨシノより遅く、白い花と赤茶色の葉が同時期に開くのが特徴だ。離れてみると、全体がピンク色に染まるのは、葉の色が大いに影響している。
by akojy9 | 2008-04-08 23:31

◆ヤマザクラ

c0055556_1118164.jpg

きのうきょうの花嵐で、サクラも大分散ってしまったろうなあ。「サクラの風景」は、今回を最後として、本来の接写に戻るつもりだ。ヤマザクラは高い場所に花をつけるので、下から見上げるしか手がない。淡いピンクだが、ヤマザクラは遠目で見ると、濃いピンクに見える。これは花と赤みを帯びた葉が同時に開くからだ。奈良県吉野のヤマザクラ、一度現場で見てみたかった。
by akojy9 | 2008-04-08 11:29

◆ヤエベニシダレ

c0055556_14295642.jpg

ヤエベニシダレは遠くから見たほうがより美しい。八重の花びらを散らした枝先がそよ風に揺れ動くさまは、何ともいえない優美さを感じる。いまさらいうこともないが、画面左がヤエシダレ、中央がケヤキ、右がソメイヨシノ、下がゴヨウマツである。この鮮やかな光景はまもなく、また1年封印される、さびしいなあ。
by akojy9 | 2008-04-07 14:38

◆シダレソメイヨシノ

c0055556_22315973.jpg

ソメイヨシノより少し遅れて咲く。オオシマザクラとシダレザクラとのクローンといわれている。花の形はソメイヨシノとよく似ているが、枝垂れる点で区別される。太い枝が横向きに伸び、枝咲き出した向きに垂れる姿は、豪快かつ優美で、ひときわ異彩を放っている。
by akojy9 | 2008-04-06 22:38

◆ソメイヨシノ

c0055556_1211475.jpg

華やかに咲き誇ったソメイヨシノも明日あたりが限界だろう。今年、咲き出したのは例年並みだったが、満開になるのも早かった。その割にはけっこう花持ちしたような気がする。ソメイヨシノが散ると、サトザクラのシーズンになるが、人間って勝手なもので、散ってしまったサクラの木なんか見向きもしない。
by akojy9 | 2008-04-06 01:27