コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

◆カンナ

c0055556_11395278.jpg

夏の定番、カンナだけれど、以前に比べてあまり見る機会が減ったね。以前はどこにでも群れをなして咲いていたけど、時代の風潮なのかなあ。値段が高くなって、道路辺なんかに気安く植えられなくなったのかもしれない。
by akojy9 | 2006-08-31 11:44

◆シコンノボタン

c0055556_10563812.jpg

昨年夏のいまごろ、「紫紺の牡丹」と書いて記載した。数日して抗議の連絡が入り、この花の名前は「紫紺野牡丹」が正しいと指摘された。世の中には物知りが多いのにビックリしたが、それ以後、よく撮れているものでも名前が判然としないものはお蔵入りとした。それでも、よく間違えるのは不明の往ったり来たりで申し訳ない。
by akojy9 | 2006-08-24 11:04

◆カシワバアジサイ

c0055556_11141324.jpg

もはや季節外れとなったアジサイ、花後の汚さがいつも気になる。ところがこのカシワバアジサイだけは別で、花(とういより萼片)が咲き終わった後も、枯れたままで整然と形を整えている。鮮やかなシロはチャに変わったけれど、新芽の時期を含めると、3度も楽しめるのは、得をしたような気分にしてくれる。
by akojy9 | 2006-08-21 11:22

◆アスター

c0055556_103276.jpg

例によって菊の仲間は種類が多いから、いつも迷ってしまう。また、和洋含めて名前が多すぎて覚えられない。だけど、アスターだけは別、銀座アスターって記憶していればいいからだ。ところで、銀座アスターって中華料理店だが、アスターの意味はなんなんだろうか?
by akojy9 | 2006-08-19 10:36

◆シラタマユリ

c0055556_10142840.jpg

「白玉百合」という名前だけでもすがすがしいが、見れば見るほどこじんまりとして可愛い。小鬼百合の白色版といった趣だが、猛暑の中で、ここだけは別天地だった。
by akojy9 | 2006-08-17 10:14

◆スイフヨウ

c0055556_10153444.jpg

「酔芙蓉」はフヨウの1種だが、午前中白かった花が夕刻には頬を赤らめたような赤色に変わり、その日のうちに散ってしまう。夏の花とは思えぬ風情のある花だ。年々数が少なくなっているのが寂しいね。
by akojy9 | 2006-08-16 10:21

◆シカクヒマワリ

c0055556_10143923.jpg

小石川植物園で見かけた角ばった黄色花、「四角向日葵」というそうだ。あまり見かけない花だったし、まさかヒマワリとはねえ。空を向いて咲かないシャイさもヒマワリらしくなかった。
by akojy9 | 2006-08-14 10:17

◆コバギボシ

c0055556_1913267.jpg

漢字では「小葉擬宝珠」と書くらしい。ギボシは日常よく見かけるが、コバギボシはあまり見たことがない。ギボシよりも花がキレイで透明感がある。それにつけても、わが家のギボシは花をつけたことがない憎いアンチクショウだ。
by akojy9 | 2006-08-09 19:18

◆ヒメハレンギク

c0055556_1092779.jpg

菊の種類の多さには改めて驚かされる。この名前の由来をを知りたいと調べたが分からなかった。ハレンじゃあなくてバレンかもしれない。神父さんの頭のカッコウみたいなみたいな風貌がユーモアを感じさせるね。
by akojy9 | 2006-08-07 10:16

◆テンニンギク

c0055556_10514717.jpg

「天人菊」という名前にふさわしくない格好をしている。どちらかといえば、盛りを過ぎたオバタリアン最後の抵抗って感じがする。暑苦しいがよく見ると、随所に愛らしさがある。熟女の七変化か。
by akojy9 | 2006-08-05 10:59