コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

◆マーガレット

c0055556_12562188.jpg

マーガレットだと思うが、違っていたらゴメン。どうもキク系の花は種類が多すぎて判別できないよ。この手の花は柄は小さいけれど、群がって咲くから華やかでいい。ついつい名前を調べる面倒さを忘れて撮ってしまう。
by akojy9 | 2006-05-12 13:00

◆ディモルフォセカ

c0055556_2145058.jpg

ディモルフォセカは1年草だから、もしかすると、オステオスペルムかもしれない。我が家に来てから4年目、今年は例年にも増して見事な満艦飾ぶりだ。洋花は華麗だけれど、どうも名前が覚えにくいのが難点だね。
by akojy9 | 2006-05-11 02:22

◆モッコウバラ

c0055556_11213866.jpg

モッコウバラは「木香薔薇」と書く。確かにほのかで甘い香りがただよっってくる。とげのないバラだから、扱い易そうだね。次々とつるを伸ばし、その先に花を咲かせている様は圧巻だね。
by akojy9 | 2006-05-10 11:26

◆ハンカチノキ

c0055556_1146626.jpg

ハンカチノキといえば小石川植物園が有名だ。見頃となった連休中は、見物客がわんさと押しかけて、大変な騒ぎだった。この写真は、それほど知られていない新宿御苑のもの。だれの邪魔もせず、だれに邪魔もされず、じっくり撮れた。
by akojy9 | 2006-05-09 11:50

◆エニシダ

c0055556_1052568.jpg

この時期、花とはいえないけれど、一際目立つのはエニシダだ。それぞれの枝をあちこちに突き出し、天衣無縫に咲き乱れている。それでいて、全体にきちんとバランスが取れていて、草月流の生け花を見ているような感じだ。
by akojy9 | 2006-05-08 10:11

◆コデマリ

c0055556_028131.jpg

コデマリが満開になっている。公園なんかで下草代わりに使われているから、イヤでもも目に付く。近寄ってよく見ると、どうやらいくつかの種類があるようだ。外観は可愛らしいが、近寄るとヒゲだらけ、あまり接写には向かないね。
by akojy9 | 2006-05-07 00:33

◆オオデマリ

c0055556_10191937.jpg

「大手毬」「子手毬」とは言いえて妙、いにしえ人のネーミングはさすがに情緒がある。コデマリに比べて、オオデマリを見る機会が少ないが、よくよく見ると、この大小、形は似ているけれど、似て非なるものがあるね。
by akojy9 | 2006-05-06 10:26

◆ライラック

c0055556_0273087.jpg

「リラの花咲く頃」というシャンソンがある。ライラックとかマロニエ、プラタナスの並木というと、行ったこともないのに、パリのシャンゼリゼ通りを思い浮かべてしまう。最近、そのライラックの植樹を見る機会が多くなった。でも、単にロマンテイックだからっていうことだけではないらしいね。
by akojy9 | 2006-05-05 00:38

◆ツツジ2

c0055556_1534668.jpg

もう咲き終わってしまっただろうが、東京では数少ないツツジの名所が根津神社のつつじ山だ。狭い場所を有効に活用して、30数種のつつじがちりばめられている。中でも一際目立ったのが、このゲンペイだった。圧倒的迫力で迫ってきたね。
by akojy9 | 2006-05-04 01:59

◆ツツジ

c0055556_0404271.jpg

ツツジもソロソロ旬を越えそうである。季節のうつろいはそれこそあっという間の出来事だから、おちおちしてはいられない。今年はどうやらツツジの当たり年のようで、つぼみは多いし、花は大きく、そして色も鮮やかだ。
by akojy9 | 2006-05-03 00:46