コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

◆コブシ

c0055556_9511758.jpg

コブシは「辛夷」と書く。ずいぶん難しい字だなあ。モクレンと同じ属らしいが、群れて咲くのが大好きなモクレンと違って、孤高を好むところが心の琴線を捉える。この花を見ると、いつも頭に浮かぶのは「トンビがクルリと輪を描いた」っていう歌詞だ。
by akojy9 | 2006-04-13 09:56

◆マグノリア

c0055556_10484246.jpg

フィル・ミケルソンが優勝した、男子プロゴルフ・今季メジャー第1戦、第70回マスターズ・トーナメントの舞台、オーガスタ・ナショナルGCの最終18番コース名は「マグノリア」だった。こちらのマグノリアはハクモクレンでもないシモクレンでもない、明るい色合いで、その華やかさといったらない。正式名称は不明だけど、千鳥ヶ淵のサクラ見物の道すがら、思わぬ目の保養になった。
by akojy9 | 2006-04-11 10:58

◆キブシ

c0055556_1019795.jpg

「木五倍子」と書いてキブシと読む。名前もおかしいが、その姿かたちも異様である。幾重にも重なってぶら下がっているのは、どうやら花らしい。このおかしな植物から抽出した染料がキブシ色、渋くて玄人好みの色となるから面白い。
by akojy9 | 2006-04-10 10:26

◆ヤマザクラ

c0055556_11511844.jpg

御苑でソメイヨシノと並び、同じような樹形で白い花を鮮やかに咲かせているのはヤマザクラだ。オオシマザクラは葉っぱが淡い緑なのに、こちらは伸び始めた赤い若葉が特徴だ。どちらかといえば、高いところに花を咲かせるが、ここではかなり低いところでも咲いている。
by akojy9 | 2006-04-08 11:57

◆ソメイヨシノ

c0055556_11414534.jpg

新宿御苑の染井さんにお会いしてきた。何本かがつぼみを満開にして快く迎えてくれた。千鳥ヶ淵など都内の名所を巡ってきたが、御苑のサクラには愛着があってずっと心残りだった。そろそろ各種のヤエザクラが咲き始めたから、散り行く前に会えてよかった。
by akojy9 | 2006-04-07 11:49

◆オオシマザクラ

c0055556_11401831.jpg

ソメイヨシノと同じ時期に開花し、ソメイの淡いピンクを白い花で見事に補完している。全体的に地味目だが、近づいてみると意思の強さを思わせる、きりっとした顔立ちだ。新緑にふさわしいウスミドリの葉も魅力的で、一方の主役として頑張っている。
by akojy9 | 2006-04-05 11:48

◆ヨウコウ

c0055556_140038.jpg

4月1日の新宿御苑は満員札止め状態、入場者が正門から大木戸門まで、折り返し長蛇の列を作る有様だった。お陰で、御苑のソメイヨシノ満開見物はギブアップした。花見どころの騒ぎじゃあないもんね。もう散ってしまったかもしれない「陽光」、ピンクが鮮やかだった。
by akojy9 | 2006-04-03 01:46

◆ニホンスイセン

c0055556_1182583.jpg

ラッパスイセンとかキズイセンとも呼ぶそうだが、一番品格のある名前を選んだ。サクラ狂躁曲の陰に隠れて目立たないが、しっかりと頑張っている。オトコを陰でしっかりと支える大和ナデシコのたくましさを感じるね。
by akojy9 | 2006-04-02 11:14

◆シダレ

c0055556_1046250.jpg

シダレが一足先に開花し、それを見届けるように、ソメイヨシノが一斉に開花する。今年のように天候不順の年でも、自然の摂理はきちんと保たれているように見える。ただ、気になるのは総体的に花が妙にシロっぽいことだ。やはり異変が確実に起きているのだとしたら悲しいね。
by akojy9 | 2006-04-01 10:52