コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

◆エドヒガン

c0055556_10332698.jpg

巨樹として名高い荘川桜や淡墨桜などは、ヒガンザクラが多いと聞いている。それだけ生命力が強いのだろうか。日本に自生する桜の多彩さを省みず、染井吉野ばかり植える風潮を「桜を滅ぼす桜の国」と論破した人物がいるけど、まさに卓見だね。
by akojy9 | 2006-03-31 10:46

◆オカメザクラ

c0055556_2356898.jpg

ついにサクラの開花宣言が出た。少し急がないと撮りためた花の写真がお蔵入りになりそうだ。もう散ってしまったけど、このサクラはとっても可憐だった。ソメイヨシノのような豪快さはないけれど、平安時代、日本美人の代名詞だったオカメの名が冠されるだけのことはある。
by akojy9 | 2006-03-29 00:05

◆ヒューガミズキ

c0055556_141828.jpg

トサミズキとヒューガミズキは同じようで分かりにくい。個人的には、トサミズキは中高潅木でメシベが赤、ヒューガミズキは低潅木でメシベは淡い黄色と判別している。っていうことで、これはヒューガミズキだと決めている。この時期、ユキヤナギの白、レンギョウのまっ黄色とのマッチングが目にまぶしい。
by akojy9 | 2006-03-27 01:50

◆ボケ

c0055556_10332990.jpg

とぼけた顔してバンババーン、とってもチャーミングな色の配合である。サクラが咲きだす頃、競い合うように咲き始めるが、低木潅木なので目立ちにくい。そこがみそでサクラのように人が群がらない有難味がある。
by akojy9 | 2006-03-25 10:37

◆ハクモクレン

c0055556_1022745.jpg

地域により咲き始めが違うようで、いつもの定点観測場である塩浜運河遊歩道は予想より早く咲きだし、慌てさせられた。なんとか間に合ったが、ただ、昨年より花の痛みがひどいのは気になった。
by akojy9 | 2006-03-23 10:25

◆カンザクラ

c0055556_12105755.jpg

まもなく新宿御苑にはソメイヨシノが乱れ咲くくが、それまでの御苑を支えたのが、日本庭園にある何本かのカンザクラだった。めったに見ないメジロもやってきて、華やかな饗宴を繰り広げていた。春本番真っ盛り、うれしいなあ。
by akojy9 | 2006-03-21 12:15

◆カンザクラ

c0055556_1053176.jpg

ソメイヨシノの開花を目前に控え、老木のカンザクラが精一杯咲き誇っていた。まもなくだれも振り返りもしなくなるだろうが、まことに見事なまでの存在感だ。小石川植物園の風物詩の一つである。
by akojy9 | 2006-03-19 10:58

◆サンシュ

c0055556_1113977.jpg

小石川植物園の梅園はひときわ鮮やかだった。その中で、ウメの大木に囲まれて、黄色で艶然と光っていたのがサンシュだった。ウメどもに一歩も負けないぞって頑張っている姿は感動的ですらあった。ひ弱なハナって感じが強かったけど、大いに印象を強くしたね。
by akojy9 | 2006-03-18 11:18

◆ウメ・ピンク

c0055556_22434918.jpg

今年はウメとサクラがほぼ一緒に来てしまったようだね。あっというまに春が来てしまって、啓蟄で穴から這い出した虫みたいに慌てふためく毎日だ。まあ、うれしい悲鳴みたいなもんだけどね。ストックが多くなって、早くウメを乗せとかないと、出番がなくなってしまいそうだ。
by akojy9 | 2006-03-16 22:52

◆ミツマタ

c0055556_11273324.jpg

ミツマタはコウゾとともに紙の原料になるのは知っている。春まだ浅きころはとぼけた綿帽子をかぶっていた。それがいつのまにか花だかがくだか分からないけど、堂々と存在感を誇示している。奇妙な形だけど、よく見ると可愛い顔をしているね。
by akojy9 | 2006-03-14 11:33