コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

◆カシワバアジサイ

c0055556_1305139.jpg

台風4号は日本列島に上陸しなかったけど、どうやら梅雨前線を道連れにしてきたらしい。梅雨は鬱陶しいが、アジサイの季節到来を告げることでもある。雨に濡れそぼる姿は風情あるが、幽霊花として嫌う人もいるようだ。まず、アジサイの先陣を切るのは柏葉紫陽花だ。柏のような大葉を従えて、円錐状に咲き乱れる姿は豪放闊達だけど、堂々とし過ぎてちょっと風雅に欠けるかもね。
by akojy9 | 2005-06-10 13:14

◆オリーブ

c0055556_11385369.jpg

南国ならともかく、東京でオリーブの木にお目にかかれるなんて、まして花を見られるだなんて、夢にも思わなかったよ。今にも枯れそうで貧相な木だったけど、花はたわわに咲いていた(っていうか、実っていた)。あの花が結実して、オリーブの実ができるって想像するだけで異国情緒を感じてしまったよ。そういえば、ポパイとオリーブ、最近トンと見かけなくなってしまったねえ。
by akojy9 | 2005-06-09 11:47

◆ピペリクム

c0055556_1064539.jpg

きのうのギョクリュウは大袈裟に咲いて、だらしなく散る、いってみればB型人間のようなところがあるが、ピペリクムは控えめながらきららと輝いている。別名を金枝梅というが、長い雄しべが目立つので金糸、花弁が5 枚なので梅なのだろうかね。あの長い雄しべはまるでカモノハシの鼻のように見える。だから、この二つの花はヒゲチャビンとカモノハシと綽名をつけ区別している。
by akojy9 | 2005-06-08 10:17

◆ギョクリュウ

c0055556_9502357.jpg

街路樹下を飾る下草は、この時期「ギョクリュウ」と「ピペリカム」の黄花で占領される。両者とも同じ科に属しているが、姿形は大いに異なる。ギョクリュウはビョウヤナギ(美容柳)の別名もあるが、なんとも勇ましい顔つきで、無数のオシベは花弁よりも長く、長いヒゲを得意そうにひけらかしてる偉人さまのように見える。本来は草なのだが、木化したものもまま見られる。ビョウヤナギの由来は葉っぱが柳に似ているからだそうだが、どうかなあ。
by akojy9 | 2005-06-07 10:07

◆さつき

c0055556_1036304.jpg

ツツジやサツキは、どこでも道路端の下草として植えられているから、なんとなく見過ごしがちである。近くの大きな道路端にもサツキが植えられているけれど、日当たりが悪いから、今月になって遅い花を咲かせ始めた。辺り一面が花の輝きでパッと明るく見えるのは嬉しいね。「皐月」という結構な名前を頂戴しているのに、「水無月」に咲くという間抜けさ加減も、これまたいかすね。
by akojy9 | 2005-06-06 10:46

◆ベニバナヤマボウシ

c0055556_10114227.jpg

山法師が赤い衣をまとっているなんて、ずいぶん粋だよねえねえ。恥ずかしながら、横井庄一、初めてお目にかかった次第である。園芸品種なのか、突然変異したものかは定かではないが、思わぬ邂逅は嬉しいものである。時期的には白いヤマボウシより遅れて咲くようだ。花の下にドッカリと座り、持参したオニギリをほおばる至福のときを過ごさせてもらったよ。
by akojy9 | 2005-06-05 10:19

◆シモツケ

c0055556_1050564.jpg

アジサイよりちょっと早く咲き出すので、例年、もうすぐ梅雨になるんだって教えてくれる。とっても重宝な花だが、ことしはどちらも同じ時期に咲き出したから困っちゃうよ。全体に霞がかかったような地味バナだけど、紅色の方はいろどりがある分目立って見える。気を付け!シモツケなんちゃって。
by akojy9 | 2005-06-04 10:57

◆タピアン

c0055556_1016221.jpg

タピアンって聞きなれない名前だと思ったら、サントリーが開発した宿根バーベナの匍匐種らしいね。バーベナには別名「美女桜」という華やかな名前があるが、とりわけ宿根バーベナは、「アグファカラー」による総天然色映画のようなコテコテのケバさがある。さすがサントリー、万人向けに改良したようだ。だけど、お得意のキレとコクも取り去っちゃたようだね。
by akojy9 | 2005-06-03 10:27

◆ユキノシタ

c0055556_10552490.jpg

こちらに引っ越してきてから12年ほど経つが、そのとき一緒に連れてきた草花の中で、ユキノシタとツワブキがしぶとく生き延びてきた。だけど、彼らはちっとも愛嬌がなく、いままで決して花を咲かそうとしたことはなかった。それが突然変異のように、今年咲き始めたのだからビックリ仰天、咲き方を忘れたかのような、ぎごちない咲き方だったけど感動させられたよ。ちっちゃな花だけど、どう、このユキノシタの配色の見事さ、嬉しくなっちゃって毎日眺めている。
by akojy9 | 2005-06-02 11:04

◆ムラサキセンダイハギ

c0055556_9501592.jpg

先代萩というと、歌舞伎十八番「「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)の内容から、暗い花を思い浮かべるが、どうして、どうして、元気溌剌オロナミンCといった感じの爽やかさだった。先代萩がハギなのに黄花ってことに違和感を感じていたが、これならいいね。マメ科の植物らしいが、どちらかといえば、フジが地べたから生え出したような印象である。
by akojy9 | 2005-06-01 10:08