コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

◆ジギタリス

c0055556_1015335.jpg

なんとも豪快かつ華やかな花だねえ。この根は漢方で強心剤としても使われるようだが、トリカブトと同じように、使い方を間違えれば毒薬にもなるという。トリカブトは見るからに憎々しい顔をしているけど、こちらは春風駘蕩然としているからおっそろしいね。「美しいバラにはトゲがある」って言うが、ジギタリスは「ジキルとハイド」さんなんだ。
by akojy9 | 2005-05-31 10:23

◆タチアオイ

c0055556_1157328.jpg

「芙蓉」、「葵」系の花は夏の初めに咲き出すが、「タチアオイ」だけは初夏の花だ。親元が優雅でしっとりした花が多いのに、こちらはどちらかといえば、ドギツいし、立ち姿も小さい。表示にタチアオイとあったけど、この矮小さは別種のような気がしないでもない。花の名前ってほんとうに難解だなあ。
by akojy9 | 2005-05-30 12:08

◆トラノオ

c0055556_11332570.jpg

「虎の尾」とは物騒な名前なりに、言い得て妙だが、ちょっと虎威脅しの感もあるね。トラノオにはいろんな種類があるので、このトラノオの正式の名前は分からん。花の説明をしにくいので、引用する。<花茎先端に長い総状花序を形成し、多数の花をつける>さすが、プロ、うまい説明をする。
by akojy9 | 2005-05-29 11:47

◆ツキヌキニンドウ

c0055556_1049443.jpg

町のあちこちで見かける雑草の一つだが、これほど見事なのは久し振りにお目にかかった。
葉は対生し,特に花のすぐ下の2 枚は基部が合着して1 枚のようになり,茎が葉を突き抜くのでこの名前、「突き抜け忍冬」になッたという。「忍冬」というのはスイアズラのことだ。「名は体を表す」の喩え通り、元気一杯に天を目指して花が突き抜けていた。
by akojy9 | 2005-05-28 10:58

◆シャクヤク

c0055556_283679.jpg

陳腐な言葉だけど、シャクヤクというと、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という喩えが頭に浮かんでしまう。いつ頃から言われるようになったのだろうか。源氏絵巻物語などを見ていると、登場する花はもののあわれを感じさすような清楚で地味な花が多いからなあ。シャクヤクは華やかさの中にさびしげな風情があるのがいいね。ボタンが木であるのに、こちらは草だから、尚更そう感じてしまうんだろうが、その分ボタンよりも親しみを感じる。
by akojy9 | 2005-05-27 02:17

◆ベニバナトチノキ

c0055556_0364737.jpg

「紅花栃の木」には今年はお目にかかれないと思っていたら、思わぬ場所で再会できた。自転車でお台場からの帰り道、にわか雨に遭遇し、取敢えず東京テレポート駅で雨宿りした。ふと目の前を見ると、街路樹に赤い花がチラホラ見える。もう盛りを過ぎてはいたが、この花は十分美しく雄々しい。まるで最後を飾るように、雨に向かって昂然と円錐形に聳え立っていた。
by akojy9 | 2005-05-26 00:46

◆エゴノキ

c0055556_028662.jpg

きのうは紅花、きょうはご本家のエゴノキ登場である。風になびくのは紅花と一緒で、運悪く川岸で見つけたため、強風に悩まされ続けた。この可憐な花がたわわに咲く様をなんとか撮りたいから、何日か通い詰めた。でも、神風は決して吹いてくれなかったね。
by akojy9 | 2005-05-25 00:37

◆ベニバナエゴノキ

c0055556_111129.jpg

さすがエゴの木を名乗るだけあって、手強い、手強い。比較的高いところに咲く上に、棚状に突き出した枝先に小さな花を一杯つける。だから、彼女は風が吹くたんびに、なびいて、揺れて、満足に花を撮らしてくれないのだ。だけど、我侭な子ほど可愛い喩え、辛抱して風の止むのを待つのも、これまた、自虐的な楽しみがある。
by akojy9 | 2005-05-24 01:21

◆オウチ

c0055556_10265487.jpg

楝(オウチ)とは、「栴檀は双葉より香し」の栴檀(センダン)の古い名前で、栴檀は白檀(ビャクダン)の別名なんだそうだ。複雑怪奇だよねえ。先年、妙なる香りに誘われて迷い込んだのが小石川の住宅街、一軒の玄関先に植えられていた栴檀を見つけ、嬉しさで飛び上がったもんだ。その話をしたら、地方出身の友人に、関西や九州では、どこにもある木だと冷や水を浴びせられ、ガックリさせられた。それにしても、楝(オウチ)という字、棟とほとんど同じに見えるのも皮肉なことだなあ。
by akojy9 | 2005-05-23 10:37

◆ジャーマンアイリス

c0055556_130268.jpg

そろそろハナショウブが咲きだす頃だが、菖蒲田で有名なところは、どこへ行っても、ヒト、ヒト、落ち着いて写真も写せない。その点、ジャーマンアイリスは乾燥した土地なら、どこでも咲いているからラクダ。後ろで笑っている黄色い花はクリサンセサムだと思が、あまり自信はない。なにせキク系の花はみんな同じに見えてしまうからどうしようもない。都度調べては覚えるのだが、覚えるそばから忘れてしまう。ソロソロ恍惚の年代に突入しているから、尚更なのかもしれない。
by akojy9 | 2005-05-22 01:47