コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

◆ハナショウブ2

c0055556_10591385.jpg

花菖蒲といえば、梅雨どき咲くせいか、早苗、とか早乙女とか、潮来の花嫁など、どうしても水に縁のある情景を思い浮かべてしまう。菖蒲は江戸時代から栽培が盛んになった花で、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に別れているらしい。伊勢系は花弁が垂れた縮緬の三英咲に特徴があり、「くも手」といって雌しべの先端にトサカ状の切れ込みが見られるという。三英咲きとはどういう意味か分からないが、どうやら、この花は伊勢系らしいようだ。
by akojy9 | 2005-06-28 11:00