コジバナ

akojy9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

◆シャクヤク

c0055556_283679.jpg

陳腐な言葉だけど、シャクヤクというと、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という喩えが頭に浮かんでしまう。いつ頃から言われるようになったのだろうか。源氏絵巻物語などを見ていると、登場する花はもののあわれを感じさすような清楚で地味な花が多いからなあ。シャクヤクは華やかさの中にさびしげな風情があるのがいいね。ボタンが木であるのに、こちらは草だから、尚更そう感じてしまうんだろうが、その分ボタンよりも親しみを感じる。
by akojy9 | 2005-05-27 02:17